2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

第7集 我輩は猫である編
2006年36/37号〜47号掲載 (文責:モグラ)

巻数 通算 掲載 題名
7集 61 61話 36・37 縁のある阿呆の一生
62 62話 38 不便百景
63 63話 39 蟹優先
64 64話 40 ツルムの小心
65 65話 42 半分捕物帳
66 66話 43 二束三文オペラ
67 67話 44 誰がために金はある
68 68話 45 文化系図
69 69話 46 バラバラの名前
70 70話 47 原型の盾
 
   
前巻までのあらすじ
謎の難病「おちゃっぴー」に冒された望は、丘の上のサナトリウムに緊急入院することになる。(中略)
 エンヤBOX 、 世カ中 、 Deep Lov●
 
※ 「おちゃっぴい」とはおしゃべりで活発な女の子やそのさまを指す。
※ 皇帝ペンギンがいる。
 

● アイルランド歌手「エンヤ」
● 本「世界の中心で愛をさけぶ」(片山恭一)
● 携帯小説→本「Deep Love」シリーズ(Yoshi)
 
 
ー絶望文学集ー
我輩はネロである。
ルーベンスの絵
 
● 世界名作劇場「フランダースの犬」
 犬の名前がネロである。
 
 

前の巻の解析を見る
次の巻の解析を見る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!