ゆとりボードゲームロゴ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

賭けゴロ / 作:津流木詞朗  画:地引かずや / 発表年:1995 /
/ 掲載雑誌: 週間漫画サンデー/
/ 掲載時期:1995年1月3日号〜1999年7月27日号/
【本作品とモグラの出会い】
 1995年頃に全盛期を迎えた「週刊漫画サンデー」。当時はその勢いからか雑誌からオーラが立ち昇っており、毎号チェックしていました。中でも漫画に大嵌りしていた少年(?)モグラの心を強く捕らえた作品が本作です。古本屋では入手が意外と困難であり、連載後に全巻揃えるのに苦労しました。全巻読破するだけならコミック喫茶で読む方が楽でしょう。
【作者紹介】
 日本文藝社、実業之日本社、リイド社 … これらの雑誌の看板漫画を数多く手がけた北野英明氏司敬氏のアシスタントを経て登場したのが地引かずや氏である。初期作品は、「B級どりいみんぐ」「放課後ナナ」「リョウの海」など。 
 日本文藝社実業之日本社リイド社など、多数の雑誌を股にかけて活躍する漫画家は多い。地引きかずや氏もそういった流れを汲んでおり、これらの作品群はジャンプ、マガジン、サンデーといった少年誌の王道とはまた違った読者層により支持されている。柱となる雑誌は「漫画ゴラク」「ゴラクネクスター」のため、これらの作風をモグラは”ゴラク系”と呼んでいるが、地引かずや氏の初期作品はいずれも少し青臭い青春ものであり、これら”ゴラク系”に見られる力強さに欠ける傾向にあった。
 
 こうした作風から脱皮しゴラクファンの目にとまるようになるのは、「唐獅子教師」からではないかとモグラは思っている。原作者として牛次郎氏が付いたことにより、牛次郎氏ならではの型破りの設定・展開・力強さと地引かずや氏の丁寧な絵、少し青臭いくらいの勧善懲悪ストーリー、さわやかな主人公キャラがいい感じに混じり合うことで成功したのである。この成功に続き、津流木詞朗氏を原作に作られたのが本作品である。はじめは「オンブヤ」として2巻まで発売されたが、「賭けゴロ」と題名を変えて1995年に雑誌に登場した。現在では漫画サンデーを担う漫画家の一人として活躍中であるが、地引氏の作品で一番完成度が高い作品がこの「賭けゴロ」であろう。
 
 「週刊漫画サンデー」は毎週火曜日に発売される実業之日本社の漫画誌である。「静かなるドン」(新田たつお)と「まるごし刑事」(画:渡辺みちお 作:北芝健)を看板漫画として以来、現在で創刊15年近くになる。看板漫画以外が注目を浴びることが少なく、「漫画ゴラク」や「漫画ゴラクネクスター」などで活躍する漫画家の充電期間としての作品や、短期連載が中心と、マイナー色が強い。このため、あまり知られていないが、本雑誌にも全盛期と言える充実した時期があったのである。
 
 その時期こそが、「999ドクター」(那須輝一郎、バーミー又六)、「海猫亭へようこそ」(村尾忠義、剣名舞)、「花板虹子」(笠太郎)など看板2作品以外がそれなりに読める作品となり、雑誌として十分に読めた1995年でした。「静かなるドン」がドラマ化して注目を浴びた時期に重なることもあり、やはりこの時期こそが「週間漫画サンデー」の全盛期でしょう。本作は、そんな雑誌の全盛期を象徴する名作で、全体を占める雰囲気はややマイナー色であるものの、一般読者に十分耐え得る内容となっています。
 
 内容は、度胸良し、顔よし、正確良しの主人公が、博打を請け負い勝ち続けるという成功物語。
「勝負事に絶対はない。あるとすればそれは仕掛けた時だけだ」というモットーと共に、勝負に勝つためにいろいろと細工を打つ。とんとん拍子でうまくいきすぎなのだが、『そこは漫画』と割り切れる人ならテンポよく展開するし、すこしウィットの利いた仕掛けを楽しめるのではないか、と思います。
文中の漫画データ一覧
タイトル 作者 連載雑誌 巻数 出版社
応援団緑山高校 桑沢篤夫 ヤングジャンプ 全20巻 集英社
ストラック 原案:末田今日也
画:桑沢篤夫
アクション 全3巻 双葉社
幕末闘球伝ライヤ 桑沢篤夫 ヤングジャンプor
ヤングジャンプ増刊
全1巻 集英社
1ポンドの福音 高橋留美子 ヤングサンデー 3巻
(未完結)
小学館
ヒーロー志願 北崎拓 ヤングサンデー 全2巻 小学館
セイレン 村上もとか ヤングサンデー 全1巻 小学館
ルートパラダイス 久米田康治 ヤングサンデー 全2巻 小学館
のぞき屋 山本英夫 ヤングサンデー 全1巻 小学館
新・のぞき屋 山本英夫 ヤングサンデー 全11巻 小学館
太郎 細野不二彦 ヤングサンデー 全24巻 小学館
Bバージン 山田怜司 ヤングサンデー 全15巻 小学館
花マル伝 いわしげ孝 ヤングサンデー 全19巻 小学館
新・花マル伝 いわしげ孝 ヤングサンデー 全19巻 小学館
デカスロン 山田芳裕 ヤングサンデー 全23巻 小学館
親方 作:荒仁
画:山下京子
スーパージャンプ 全4巻 集英社
大棟梁 西条真二 少年サンデー 全3巻 小学館

注)上記の文章は赤字の部分にカーソルを合わせると簡単な解説が表示されます。