第180話 日々是疎遠
2002年10号掲載/17巻2話 (初稿:七対子 文責:モグラ)

<疎遠スパイラル・・・心当たりがいっぱいあるなぁ・・・>
(タイトル)
「日々是決戦」 代々木ゼミナールの校訓

さしたる理由があったわけではございません。
<パチョレック> 着信中
      
ジェームズ・パチョレック(1988〜1991 大洋、92〜93 阪神)

 
改蔵:「相当なバージョンアップだったんでしょうね、ボク。」
すず:「は?」
改蔵:「そりゃ一ヶ月近くもかかったんですからねぇ・・・そりゃもう相当な・・・」
    飛べたり    目からビームが出したり   逆上がりができたり
   
●飛べたり  →  漫画「鉄腕アトム」(手塚治虫)
●目からビーム → でじこの必殺技で、むかついた時によく人に向けて発射する。当てられた相手はマル焦げになってしまう
●逆上がり → 今でも小学生にやらせているのでしょうか・・・

改蔵:「ガンダムにテム・レイエンジンをつけるくらいですかね?つっこんでくださいよぉ!!「それじゃダメだろ」って。」
すず:「誰もがガンダムを知ってるという前提で話さないように。」
  
アニメ「機動戦士ガンダム」(サンライズ)
 アムロの父テム・レイはサイド7から放り出されて脳に障害を負ってしまった後もガンダムの開発研究を続けていた。ガンダムの性能が3倍になる!と言ってアムロにまったく役に立たない部品を渡す。

改蔵:「疎遠が疎遠を呼ぶ疎遠のきりもみ降下!!それが疎遠スパイラルです!!(「ワールドビジネスサテライト」より)」
デフレスパイラル
ワールドビジネスサテライト(ニュース番組)

改蔵:「行きつけの美容室に一回行かなかっただけで、なんとなく行きづらくなり・・・」
ビューティフルライフ
ドラマ「ビューティフルライフ」(TBS) 木村拓哉と常盤貴子が主演
新人のカリスマ美容師が死の病に侵された車椅子のヒロインに恋をして死ぬまでを看取るという話で平均視聴率は30%を越え、最終回の視聴率は41.3%だった。このドラマでバリアフリーという言葉の認知度が高まった。

地丹:「気まずくてたまらない思いでございます。もう 誰とも会いたくないのです。もう どこにも行きたくなくなりました。すぐ近くのお湯屋に行くのにも、きっと日暮れを選んで参ります。」
小説「燈篭」(太宰治)

改蔵:「この他、疎遠スパイラルにはこんな例が報告されています!!」
●メールを返さなくなるスパイラル
●ジャンプを読まなくなるスパイラル
●田舎に帰らなくなるスパイラル
●(担)(妻子もち)家に帰らなくなるスパイラル
●編集部の電話に出なくなるスパイラル
●(久)たかしげさんにLDを返さなくなるスパイラル
雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)

改蔵:「その長い沈黙の後に出たせーいっぱいの言葉は何だったと思います?」
まんが家:「ハリーポッター見た?」
小説「ハリーポッターと賢者の石」 2001年秋に映画化
小説、映画ともかなり話題になった

男:「この岬には過去を捨て 今までの自分と疎遠になった者たちがたくさんいるのです!!顔を変え、名前を変え!!」
   我●院達也   コ●ラ   キ●プテンダン   クアトロ・バ●ーナ   ウ●ーズマン  
我●院達也  →  我修院達也、元若戸あきら (熱海で失踪して伊豆で発見された時に若戸あきらの時の記憶を失ったらしい。自作自演という噂もある)
コブラ   →  漫画「コブラ」(寺沢武一) ある日突然サラリーマンから宇宙海賊に・・・
キャプテンダン  →  「惑星ロボ ダンガードA」 仮面の男 キャプテン・ダン
クアトロ・バジーナ  → アニメ「機動戦士Zガンダム」(サンライズ) 元ジオン軍シャア・アズナブル。シャアにはもともとキャスバル・レム・ダイクンという名前もある
ウォーズマン  →  漫画「キン肉マン」(ゆでたまご) 王位争奪戦のザ・マンリキ戦で超人墓場から姫路城に戻る時に正義超人時代の記憶を失っており、残虐超人時代に戻っていた。ロビンマスクがミスターバラクーダに戻って友情をインプットしてウォーズマンは氷の心を溶かす

地丹:「ええ・・・はい、あの光の射す方向に行けばいいのですね。よろしくおねがいします。」
ダンバイン?

次の話の解析を見る
17巻に戻る
トップページへ戻る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。

かってに改蔵解析サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。