ゲーム交換日記
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Re:モンスターハンターポータブル2nd (2007/07/22) 文責:陣内
 GROWは私も遊んだことがありますが、面白かったですね。各要素が成長していくのを眺めているだけでも楽しいのですけど、それに加えて最終段階まで成長したかどうかがきちんと数値で侮ヲされるので、「まだ先があるのか、続きを見てみたい」という気にさせてくれます。シンプルなルールで何度も遊ばせようという工夫は大切ですね。


 モンスターハンターポータブル2nd(以下、モンハン)、最近はほぼ毎週遊んでいます。アクションゲームとしての難易度の高さ、武器を変えることで全く違ったゲームが楽しめる点などを、私にとって理想のアクションゲームと言ってもいいぐらい気に入っています。その中から、今日は特に気に入っている点を2つ書きたいと思います。

 モンハンは、準備する時間が楽しい。

 モンハンでは一度フィールドに出てしまうと、クエストをクリア又はリタイアするまで村に戻ることはできなくなりますので、クエスト中使うものは全て村で準備して行かなくてはいけません。クエスト自体にも制限時間があり、際限なく戦い続けることはできないですから、村の段階でどんなアイテムを持っていくか考えないといけません。物資の面でも時間の面でも、クエストが始まってからは原則としてモノが減り続けるゲームとなっています。
 私はこの、限られた時間の中でどうにかするというシステムが大好きです。重い武器と鎧を身に着けたまま何時間も走り回るのはややリアリティに欠けるだろうというのもありますし、あまりにの一回のプレイ時間が長くなってしまうものは遊びづらくなるというのもあります。

 モンハンは、進むか引くか悩むのが楽しい。

 フィールドに出た後は手持ちの回復薬で体力を回復しながら戦いますが、悩むのは強敵との戦いでアイテムが尽きかけた時です。クエストを途中でリタイアすることは簡単なので、諦めて帰ることにすれば被害は少なくてすみますが、いつでもリタイアできるが故に、逆に帰るタイミングを誤ってクエストに失敗してしまうことがよくあります。
 この「帰るタイミングを間違えたための失敗」というのが非常に楽しくて、ああ、今ゲームを遊んでいるんだなという感覚にさせてくれます。高価な罠や薬をいくつも失った時などは、ボロボロになった体で村に戻ってきてしばらく茫然としますが、その失敗した感覚も、次があるさと笑ってやり直せるのでむしろ楽しいのですよね。あんまりシビアにしてしまうと、ゲームを続けるのが辛くなってしまいそうですが。
 
 
 旅行も計画を立てている時が一番楽しいと言いますが、モンハンもそうですね。次のボスは何が出るか、回復薬は足りるかな等と、あれこれ悩んで準備をしている時が楽しいですね。

次の日記を読む
一覧に戻る