2007年1月29日

初プレイゲーム雑感 vol.1

Filed under: 初プレイボードゲーム雑感 vol.1 — ubume @ 8:29 pm

メビウス便が到着したので早速遊んでみました♪ 今回は他にも注文していたゲームが幾つかあったので、それもまとめて紹介させて頂きます~


サラマンカ 3~5人 3人でプレイ
メビウス便の新作です。
正方形の建物や地形タイルを置きながら、ここが高くなるだろう、と思う建物の所有権を得て、高値になったら売却しお金を稼ごう、というゲーム。

といってもイナゴやネズミや毒薬(!)など様々な災害が発生するため中々思い通りにいきません。所有権を得れる建物の数は同時に3つまでということもあり、高値になるまで待つよりもむしろ、災害に襲われない内に、とばかりに次々と売却しながらお金を得ていくアクティブなゲームでした。

システムには色々工夫があり面白く、色々考えどころがあり悩めるゲームでした。プレイ時間は45~60分となっていますが、皆であれこれ悩みあいながらプレイしたため、90分近く濃密な時間を楽しみました♪

システムが他人との絡みを意識したものが多いため、「ここで僕がこうしたら、あの人はこう行動するはずだから…」という思考がとても楽しいゲームです。しっかりと考える人が特に楽しめるゲームだと思いますが、手番の進行は単純なため、サクサクと遊ぶこともできると思います。

もう一度4人で遊びたいですね。


バクダッドの盗賊 2~5?人 3,4人でプレイ
メビウス便の新作です。 
盗賊と衛兵を上手く使って宮殿に忍び込み宝箱を盗み出そう、というゲーム。手札は基本的に6種類ある宮殿の絵柄が描かれたカードだけで構成されるため、非常にシンプルなゲームです。

手番が来たときにできるアクションは、盗賊を忍び込ませるための条件を整えるためのものと、盗賊を実際に忍び込ませるものの大きく2通り。前者はカードが続く限り何度でも行うことができ、後者は3人の盗賊が忍び込むまでしか行うことはできません。

手札の上限はなく、何もアクションを行わなければ通常よりも多くの枚数でかつ質の高いカードが引けるため、アクションを行わずにカードを貯めて一気にプレイ!としたいところですが、宝箱の入手は早い者勝ちで行われるため、アクションを行わざるを得ないことも。

シンプルなシステムでカードの引きと展開に左右されるところが大きいかな、と最初は思いました。が、展開に恵まれなかった時のための保険的な意味合いを持たせたプレイができることと、トップ目に対しては妨害効果がしっかりと機能することなどから、展開に恵まれなかった時ほど実力が問われるゲームになると思いました。

トップ目が妨害に合いつつもちゃんとゲームを終わらせることができるところも高評価ですね♪シンプルながら、とても良くまとまっていて、60分以内でしっかり終わるなど、プレイアビリティの高いゲームだと思います。

今回遊んだゲームの中ではかなりお薦めのゲームでした♪


アルハンブラダイス 2~6?人 2,4人でプレイ
メビウス便の新作。
アルハンブラの拡張セットとしても使え、同時にアルハンブラダイス、という新作ゲームとしても遊べる贅沢?なゲーム。今回は拡張セットとしては遊ばず、新作ゲームとしてのみプレイ。

その内容は、タイトルと異なりアルハンブラと全く関係ないですが、一方でタイトル通りダイスゲームで、大量のダイスを振ったり振りなおしたりします。ただし、通常のその都度その都度のダイス目の良さが求められるゲームとは異なり、自分の置かれた状況によって、欲しいダイス目が変化するため、どのように振りなおすかなどに戦略的要素が強く悩ましいゲームとなっています。

とはいえ。結局はダイス目が出ないと考えてもどうにもならない点や、ダイス目が序盤に悪かった人はそのまま追いつけない可能性がかなり高い点、終盤になればなるほど求める出目の種類が少なくなる(振っても仕方がない出目が増える)ため、盛り上がるダイス目が少なくなり盛り上がりも少なめになる点など、ゲームとしての出来栄えはさほどよくありません。

プレイ時間も長いため、あまりお薦めではありません。
拡張セットとしてのゲーム内容に期待。


スペースディーラー 3~4(8)人用 3,4人でプレイ
僕の趣味で購入したゲーム。
どんな人とプレイしても必ずプレイ時間が一定になるゲーム。というのも、プレイ開始と同時に同梱のCDで音楽を流し始めるのですが、終了条件はその音楽が鳴り止んだ時だから。CDの再生時間が30分なので、必ずプレイ時間は30分となります。

ゲーム内容は自分の惑星を開発したり、技術力(テックレベル)を上げたりしながら様々なエネルギーを作り、作ったエネルギーを宇宙船で他人の惑星に売りつけに行く、というもの。

そのためには、各プレイヤーは最初から持っている二台のロボットを上手く使って、惑星の開発やエネルギーの生成などを効率よく行わなければなりません。このゲームの面白いところは、このロボットが「砂時計」だというところ。プレイヤーはどんなアクションをするにせよ、ロボットを1分間そのアクションに従事させないとアクションを実行することができないのです。

そう、このゲームにはプレイヤーの手番、という概念はありません。各プレイヤーがそれぞれのロボットを様々な業務に就かせながらリアルタイムでアクションを実行していくゲームなのです。

プレイヤー同士の交渉も認められているため、ゲーム中は騒がしいことこの上ありません。「赤(※エネルギーの種類です)をこの惑星に置いていくからその惑星に青を置いておいて」「赤2個を置いておいてくれるならいいよ」などの交渉がリアルタイムで行われるのです。

ゲームのシステム的な点に目を向けると、技術力(テックレベル)が速く上がり過ぎる点や、そのため序盤に交渉が行われづらい点、他人への妨害効果を持つアクションの処理が困難な点など他にも色々と粗が見つかりますが、ワイワイ30分楽しみ続けることができるので、僕はそれだけで十二分に満足しました^^

多分にコミュニティの持つ性格に依存するゲームなので、それぞれのコミュニティごとに適正なハウスルールが作られていくことと思います。ぜひ自分にあった「宇宙の商売」を楽しんで下さい♪

ゲームとして・・・とか冷静なことを言うのはご法度なのでしょう。プレイ時間は30分ですが、ゲームの準備に時間が掛かるゲームなので、この際大掛かりに家庭用プラネタリウムホームスタープロを置いた部屋で、宇宙空間だーとか言いながら遊びたいですね^^

あ、そうそう。遊ぶ時には、プレイ中に残りプレイ時間が分かるように工夫しておくことをお薦めします。付属のCDでは最後の5秒程度以外に全く時間が分かりませんので。

色々とプレイヤー側に工夫が要求されますが、僕は大好きなゲームです。アドバンスルールでのプレイがお薦め♪


レース・ギャロッポ 2~5?人用 2,4人でプレイ
もともとはギャロッポ・ギャロップという名で発売されていたゲーム。第9回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会用に購入。

競馬の障害物レースを題材とした心理戦ゲームで、各人6枚のカードを持ち、その中から1枚を選び、全員で選んだカードを同時公開することで、自分の担当する馬を動かす、という内容。

競馬、障害物レース、となんか大人向けなイメージを持たれたことと思いますが、実はHABA社のゲームで、コンポーネントは完全に子供向けとなっております。

とはいえ、ゲーム内容は大人で遊んでも十分に楽しめるもので、考えてもしょうがない、と分かりつつもついつい他人の行動を読もうとして“悩み”、そしてエイヤッと“決断”し、“ドキドキ”しながらいっせーのーで、で公開されたカードを見て、“やられたーっ”と思って頭を抱えた・・・と思いきや、他のカードのお陰で救われてていることが分かり“ヨッシャー”となったりと、感情が目まぐるしく変化する名作ゲームです^^

ゲームシステム的には負け抜けゲームなのですが、負けが濃厚になって来た頃にはすぐにゲームが終わるなど、とても良くできています。大人ばかりで遊ぶ時には、付属のヴァリアントルールを付け加えて遊ぶのがお薦め。たとえ敗北が濃厚になってきていても、逆転の可能性が増えているため、最後まで熱い時を過ごすことができます♪

今日紹介したゲームの中では一番のお薦め!プレイ時間も20分と短いので遊んだことがない人はぜひ、2月25日開催の第9回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会へおいで下さい~(詳細は2月以降大会のHPで♪)以上、宣伝でした^^


というわけで、駆け足でしたが遊んだボードゲームを紹介させて頂きました♪新しいボードゲームを遊ぶのはいつも楽しいですね!(急いで書いたため読み辛くスミマセン~)

2007年1月10日

グロリア・ムンディ

Filed under: 四方山話 — ubume @ 7:52 pm

グロリア・ムンディというゲームがどうも気になって仕方がない。

というのも、何か1アイディア加えたら抜群に面白くなりそうな予感がするからなのだが・・・

全然アイディアが浮かばないわけです。なので気になる。という悪循環スパイラル。

 

ゲーム内容は、ローマの衰退期を舞台としたもので、

ゴート族がローマに向かって侵略してくるので、プレイヤーは必死にローマからカルタゴへ逃げようとし、

いち早く逃げ切った人が勝ち、という非常に後ろ向きなもの(笑)

ゲームシステム的は、自分のリソースを使って建築物を建てて、

次のリソースの増加速度を早めることを目的とするいわゆる”拡大再生産ゲーム”。

で、このゲームで僕が面白いなぁ、と思ったのは

建てた建築物が破壊されることがあり、というか破壊されることが前提なので

そんな中必要な建物が破壊されないように上手く立ち回ることが要求される、というところ。

拡大再生産にかけるブレーキが「立ち回り=他人との兼ね合い」となっているところが、

とても好印象でお気に入りのゲームなのです。

 

ただ。どうにも先手が有利過ぎで、手番の回りの変化もないので、

上手く立ち回る楽しさがどうにも生かしきれていない、と思うんです。

この部分が上手く生かせれば、新たな形の拡大再生産の面白いゲームとして

ブレイクするんではないかと思うんだけど・・・ と気になって仕方がないのです。

で、何とかしてハウスルールで面白くできないものか、と思案中なのです。

 

僕と同じようにこのゲームにとりつかれて、何か面白いハウスルールを思いついて

採用してみたことがある人、いませんかね?

おられましたら、そのハウスルール教えてもらえませんか?

こんな風にしてみたらどー? というアバウトな意見も募集中です~

2007年1月8日

和風カードゲーム

Filed under: 四方山話 — ubume @ 8:33 pm

ゆとりボードゲーム大会は、毎回コンセプトを決めて行っているのですが、

毎回大会を開くたびに、参加者の皆様にアンケートに協力してもらって、

次回以降の大会の参考にさせて頂いております。

で、そのアンケートの質問の中に遊んでみたいコンセプトがあったら教えてください、

みたいな質問があるのですが、

この答えによくあるのが、「和風」ゲーム、あるいは「日本」ゲーム、というもの。

で、ちょっと考えてみたことがあるんですね、ゆとりで用意できるゲームで

このコンセプトの大会を開くとどんな大会になるんだろう、と。

  ・投扇興 ・オリエンテ ・サムライ ・将軍 ・麻雀 ・八八

  ・スルっとKANSAI NORINORI ・チンチロリン ・コイコイ ・百人一首

  ・頭のよくなる日本語ゲーム言葉博士

参加してみたいですか?(笑)

他にもこんなゲームあるよ、というのがあれば教えてください~

2007年1月7日

2006年ベストボードゲーム

Filed under: 四方山話 — ubume @ 7:43 pm

しばらくはゆっくりblogを書く暇がない・・・

けれど何かちょっと書きたい・・・

ということで、適当な話をするためのカテゴリー、四方山話を作りました(笑)

2006年振り返ってみると、僕の一番のお気に入りのボードゲームは「ルミ」でした。

ブロックを積み上げて目的の建造物を作るゲームなのですが、

インストが簡単で、誰とでも遊べるだけでなく、

遊ぶ層によって、色んな面白さ、楽しみ方が見えてくるところが

とても僕好みでした。

他の建造物のボードも自作して遊んでみたいですね^^

皆さん、2006年に遊んだゲーム(発売されたゲームでなくてOK)でこのゲームが面白かったよ、

というゲームがあればぜひ教えてください~

2007年1月2日

第7回大会(12月17日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — ubume @ 7:09 pm

12月17日(日)に開催された第7回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”世界のすべては私の為にある ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪

コンセプトが非常に濃い大会で、日程が忙しい年末に掛かっていることもあり参加者の数を危ぶんでいましたが、ふたを開いてみたら多くの人が遊びに来てくださり、楽しい大会となりました。お忙しいところどうもありがとうございます!

遊ばれたゲームは、

「ブラフ」
「アクワイア」
「サムライ」
「ルミ」
「おい、それは俺の魚だぜ」

「キャメロットを覆う影」
「エルグランデ」
「ナゲッツ」
「カール大帝」
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

今大会は陣取りゲームという重いジャンルの大会であったにも関わらず
これだけ多くのゲームを遊んでくださり、どうもお疲れ様でした!
それでは簡易レビューを始めさせて頂きます♪

 DSCN0714.JPG

 

サイコロの偏りを予測し支配する 

サイコロゲーム「ブラフ」

ガラガラと騒がしい音に包まれる中

厳しくも楽しい予想が繰り広げられました。

 

アーサー王伝説の円卓の騎士となり戦う 

協力ゲーム「キャメロットを覆う影」 

裏切り者の影に覆われるキャメロット城 

厳しい戦況の中円卓の騎士の運命は!? 

DSCN0730.JPG 
DSCN0715.JPG 

 

ホテルチェーンを経営して

株で儲ける古典的名作「アクワイア」

今回も初プレイの方を交えてのプレイ。

楽しい戦略性を味わって頂けたでしょうか。

 

騎士を派遣しスペインの覇権を争う 

陣取り名作ゲーム「エルグランデ」

塔を上手く使い領土を制するには 

目立たず騒がず慌てず、が最重要!? 

  DSCN0770.JPG
DSCN0765.JPG

 

日本の戦国時代を制する大名目指す 

和風陣取りゲーム「サムライ」

日本を制するための3種の神器、

「兜」と「仏像」と「水田」を集めよう!

 

シンプルなルールに陣取りの面白さが

ぎっしり詰まった「ナゲッツ」

今大会では2対2の同盟戦を楽しみました。

勝負を決める関が原は序盤にあり!?

DSCN0783.JPG 

DSCN0735.JPG 

 

幅広い層で楽しめ、今大会人気No.1の

ブロック積み上げ建築ゲーム「ルミ」

シンプルなルールでゲーム開始直後から

終わった後まで楽しい時間が過ごせます。

 

二人用陣取りゲームの最高傑作

そんな呼び声も高い「カール大帝」

今大会では2対2の同盟戦で遊ばれ、

広大な領土の維持に四苦八苦してました

 DSCN0749.JPG

DSCN0746.JPG 

 

簡単なルールと可愛いペンギンが特徴の

「おい、それは俺の魚だぜ!」

10分ほどで終わる手軽さですが、 

陣取りゲームらしく頭をじっくり使います♪ 

 

 

 
今大会は重いゲームの集まりで、参加してくださった皆様の頭も大変お疲れだったと思います。大変疲れるゲームが目白押しの今大会でしたが、皆様の人気を集めたゲームはダントツで「ルミ」。ブロックを積み上げるだけの単純なゲームで昔からどこにでもありそうなルールなのに、こんなにも面白いとは!と皆の人気を独り占めしていました。「頭の悩ませ度」÷「ルールのシンプルさ」の大きさは陣取りゲームの中でもピカイチでしょう。今大会で遊べなかった人はぜひとも遊んでみて下さいね♪というところで、今回の簡易レポートはここまで!

正式なレポートは後日HPにアップさせて頂きますので、お楽しみに~♪

2006年12月22日

第7回ゆとりボードゲーム大会

Filed under: 今日のアナログゲーム — モグラ @ 3:38 am

1週間遅れの大会日記になってしまいました(汗大会で遊ぶために前後の仕事の日程が無理矢理スケジュールとなってしまい、どうしてもレポートが遅れてしまいますねぇ・・・。 年の暮れ、師走の忙しい最中のためどんな大会になるのかと不安でしたが、初参加の方々も盛り上げてくださり、楽しい一日が過ごせたので安心しました。遊びに来てくださった皆々様ありがとうございました!

 

 さて、恒例(?)のゲームの簡易レポートをかいていきます!まずは、Carolvs Magnvs(邦題:カール大帝、ゲームデザイナー:Leo Colovini)です。こちらは大会当日はモグラは不参加だったのですが、前夜に遊んだので感想を♪2人用ゲームとしては”秀逸”に尽きる名作と思います。大会では2vs2の同盟戦が遊ばれましたが、いずれにせよこの重さの名作2人用ゲームはモグラは初だったので感動です!唯一の問題はサイコロを振る点で、サイコロを振るゲームはどうも勝率が悪いのが・・・なところでしょうか(笑 ?初ゲームではどうしても領土を合併してしまう傾向にあり、モグラ自身の初プレイでも今回の大会でも3個の領土だけのハイリスクハイリターン場になってしまいました。2回目に遊んで分かったのですが、このゲームは2個~3個の領土を多数作り、相手のどこを落としたら勝ちかという待ちを広げるのが正しい遊び方なのでしょう。もう一度遊ぶとさらに新しい目線が増える可能性もあり、是非また遊びたいゲームです!

 

 昼食を挟んで盛り上がった本大会でも1,2を争う人気ゲームがRumis(邦題:ルミ、ゲームデザイン:Stefan Koegl)です。色とりどりのブロックを積み木遊びのように並べる様は子供向けゲームにも見え、立体版のブロックスかと思いましたが・・・さにあらず!油断してプレイすると即ゲームからリムーブされかねない厳しい読み合いのゲームです。4人対戦すると、損得を無視して3人が襲ってきたらひとたまりもなく1ターンで全滅するバランスのため「どうやったらいいか」の選択枝を楽しむというよりは「何が一番延命策か」必死にひねり出す感覚になります。積み木遊びにも関わらず皆が長考してしまい、ゲームには「20分」と書かれていますが、1時間ほどゆうにかかってしまいました(汗 「ゲーム開始即鉄火場」、「各ターンが正念場」という面でゲーム巧者の方々も時間を忘れてブロックをいじってしまうことでしょう~♪

 

ルミで疲れた後に少し一休憩♪本大会では軽く遊べるゲームHey!That’s My Fish!(邦題:おい、それは俺の魚だぜ!、ゲームデザイン:Alvydas Jakeliuna, Gunter Cornett)をプレイしました。しかし、軽く遊べるといっても実はがちがちの理論ゲーム(汗 何やかんや言ってやっぱり長考傾向でしたが・・・。ゲームルールが簡単なので、小一時間しかない時に5分でルール説明を終えて遊びだせるという点でいいゲームです。

 

 午後のコンセプトゲームのメインディッシュがEl Grande(邦題:エルグランデ、ゲームデザイナー:Wolfgang Kramer, Richard Urlich)です。ゲーム歴の短いモグラは初プレイでしたが、陣取りゲームとしては有名といわれるだけあってじっくりと楽しめるいいゲームです。1-13のカードでの主導権の握り合い、得点計算の妙など実にバランス感覚が良いゲームで「よし!」という成功ターンと「う!」という失敗ターンが毎ターン自分なりに分かるためゲームに熱中できます。カード効果はいずれも正気かなぁと思えるほどの強さがあるため不安になりますが、しかしそれらのカードを競り落とすシステムによりうまく調和されており接戦が繰り広げられますね。今回は中盤に大コケしてしまい、終盤の見せ場を作ることが出来なかったのがモグラとしてはくやしかったので是非雪辱戦を行いたいです。

 

最後に、大会後のアフターに初参加してくださった管理官さんが持参してくださったゲームLeonardo Da Vinci(邦題:レオナルド・ダ・ヴィンチ、ゲームデザイナー:アッキトッカ)を遊びました♪沢山あるパラメータをうまく処理していくことで勝利を目指すゲームです。パラメータが多数あるため他者となるべくぶつからずに効率よく各パラメータを処理することがキーになります。初めから(ゲーム序盤に必要なものがかぶらないように)各キャラクターのパラメータに相違があるものの、いずれも独自の戦略が成り立つように設定されており、中~終盤にはそれらのキャラクター同士がうまくぶつかっていくように設定されています。モグラは出だしの不運に意地になって無理矢理な戦略をとったことが、結果として最大級の裏目となり、大敗してしまいました。中ー終盤で1位を押さえにくい展開にしてしまったので他プレイヤーの方々に迷惑をおかけしてしまいました・・・反省!初プレイの時は冒険心が強く思わず「もしかしてこの細い道は通じているのでは」と試してしまう癖が出てしまいました(汗汗

 

こうやって挙げてみるとガッツリと遊ぶゲームばかりで濃いラインナップだったんだなぁと改めて思いますね。充実した1日を過ごせたと満足できました~♪

2006年12月21日

第7回ゆとりボードゲーム大会にて

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — raimu @ 7:24 pm

お初にお目にかかります。ゆとり会員のraimuという者です。ちょくちょくこのブログにお邪魔させていただくことになりましたので、よろしくお願いします。
さて、第7回ゆとりボードゲーム大会に参加しました。今回のコンセプトは「世界の全ては私の為にある」、陣取りをテーマとした大会です。テーマがテーマですので、今回はじっくり腰をすえてやるゲームが多いように思いました。それではプレイしたゲームを紹介していきます。

 

・ブラフ
起き抜けに騙し合い。場のダイス目の数を予想するゲーム。
いきなり一人がへこむ展開になりましたが、「あっという間に脱落ですか(笑」と言われながらも粘り強く残す展開となりました。結構ぴったりの数でのブラフ宣言が多く、ダイスの減りが早くてつらいつらい。私に関しては中盤、持っているダイスの数に偏りができたので、その人狙ってくださいと念じてビットしたものの下家に無理と言われて潰えました。初めて相手にする人だとなかなか難しいなあ。

 

・アクワイア
ホテルに投資したり合併したりするゲーム。
2回目のプレイ。しかし、どうも盤面を支配されているというか肝心なところを止められてしまっている感じが終始しました。中規模(3~6軒)のホテルが乱立したためにどの株が資金源になるとかが読みづらく、しかも肝心な場所のカードも持ってないので、いつ合併するかも分からないという状況でした。資金も2回尽きかけたあたり、非常に厳しい状態だったことが分かっていただけるかと。結局、一度も筆頭株主の配当を得られぬまま(泣)終了となりました。

 

・それは私の魚です
氷の上を滑るペンギンたちの魚喰い競争。ただし、足場も一緒に食べて生きます(笑。
このゲームのタイトルはもうちょっと威勢がいい感じだったと思うのですが、忘れたのでニュアンスで書いてます。ルールは単純だなあと思って、ゲームを始めましたが、始まると運の要素がなくて結構シビアだッ!!と思いました。ルール自体は単純で2,3手読めればいいので、ある意味で初心者向きでしょうか。今回は1匹差で1位から4位が決まるという結果になったので、あの一手が違ってたらどうなってたんだろうと思う一戦でした。

 

・エルグランデ
スペインの王となるべく各地に騎士を派遣して影響力を高める陣取りの古典。
9ラウンドゲームは初めてでした。ゲーム期間が長いと妨害系のカードを使っている暇があるなあと思いました。序、中盤はそこそこうまく展開できていたんですが、終盤押さえ込まれて3位という結果になってしまいました。得点構造やカードのルールが複雑なこともあっていくつかルールを間違えていたんですけどね。そのこともあるので、機会があればまたやってみたいかなと思いました。

 

以上、私が今大会でプレイしたゲームでした。
陣取りゲームがテーマということでどっぷりと思考する充実した大会でした。次回も楽しみにしております。

2006年12月17日

インシュ

Filed under: 今日のアナログゲーム — モグラ @ 6:15 am

ゆとりボードゲーム大会の前夜祭で様々なゲームを遊びましたが、本祭で遊ぶゲームが中心なので、今日はYinsh(邦題:インシュ、ゲームデザイン:Kris Burm)を少し取り上げてみようと思います。

 

ウブメとここ最近時間があれば1局打つようにしているゲームなのですが、正直正しい理解に到達するのがなかなか難しいゲームです(汗 ゲームとしてはオセロ+五目並べのようなコンセプトなのですが、【理論の肝】は実はお互いのライン潰しをどう行うかという部分と、コンセプトと理論の肝にズレがあるのがこのゲームを難しくしている点です。また、オセロのようにコマが毎ターンひっくり返るため、オセロ同様にルールは簡単だがセオリーの理解は大変です。

 

現時点でわかっている点は

●リングの動きの縛りあいがキーであり、縛りあったリング同士のラインは一歩ずつ後ろに下がって端まで詰めると解除される。

(=実は一歩ずつ移動することが非常に重要で、かつ勝敗を分ける行動となりえる!!)

●5個が並んで排除した際に固定されていたラインが突然動き始めるので一気に連鎖的にラインができうるので、5個を並べる前にその後の状況をよく読む必要がある。

 といったことです。

今後ももう少し経験値をあげていく予定ですが、本ゲームをやりこんだ先人の方々のご意見をお願いしたいものです♪

2006年12月4日

第6回大会(11月19日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — ubume @ 7:19 pm

11月19日(日)に開催された第6回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”Before カタンを遊ぶ ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪

コンセプトに含まれるゲームが非常に多い今大会ですが、大会参加者数も初の20人越えと大変多く、初めて4テーブル全てを使う大会となり、大変賑わう大会となりました。

遊ばれたゲームは、

「Robo Rally」
「キャメロット城を覆う影」
「丘の上の館の裏切り者」
「アクワイア」
「かね、カネ、金」
「マンハッタン」
「貴族の務め」
「ドリュンター・ドリューバー」
「キャントストップ」

「イースター島」
「プールポジション」
「ゾンビフォートレス」
「バンパイア」
「ボードニムト」
「ローマ帝国の危機(カタンシリーズ)」
「フライングカーペット」
「アルハンブラ」 

などなど多種多様♪ 参加者の方々の持ち込みゲームも数多く遊ばれました。 
それでは今回も写真を中心に簡易レポートを報告させて頂きます♪

 DSCN0508.JPG

 

4対4のチーム戦でフラッグを奪い合った 

ロボットゲーム「ロボラリー」

スクラップになるロボットが現れるなど、

工場を舞台に激戦が繰り広げられました。

 

アーサー王伝説の円卓の騎士となり戦う 

協力ゲーム「キャメロットを覆う影」 

協力者に紛れて裏切り者が暗躍する中 

無事キャメロット城は守られたのでした。

DSCN0511.JPG 
DSCN0595.JPG 

 

50ものシナリオが用意されている

ホラーゲーム「丘の上の館の裏切り者」 

迷い込んだ冒険者達は哀れにも

魔女の前に蛙となってしまったのでした。

 

企業を買収して株で儲ける 

古典的名作M&Aゲーム「アクワイア」

初プレイの方も交えてのプレイでしたが、 

奥深い戦略性を楽しめたでしょうか?

  DSCN0554.JPG
 photo.jpg

 

投資家が動く動機はお金のみ!?

カード交渉ボードゲーム「かね、カネ、金」

投資話をまとめるための交渉のはずが

駄々っ子の意地の張り合いに!?

 

世界の都市を自分色に染め上げろ!

ビル建築陣取りゲーム「マンハッタン」

カラフルなビルに彩られた摩天楼で

激しいシェア争いが繰り広げられました。

DSCN0594.JPG 

DSCN0586.JPG 

 

蒐集したコレクションを披露して

他の貴族に自慢する「貴族の務め」

今大会では他の貴族の思惑を読みきり

手玉に取った貴族がおられたとかw

 

道路の為なら立ち退きは当然!という

狂った都市計画を楽しむゲーム

「ドリュンター・ドリューバー」

“便所潰し”の異名で楽しまれたようですw

 DSCN0547.JPG

DSCN0577.JPG 

 

やめられない♪止まらない♪

サイコロ登山ゲーム「キャントストップ」

“あと一振り、そう思う心が命取り”

と、分かっていても振っちゃうんですよねw

 

とある島でモアイがレースを行う

石入れレースゲーム「イースター島」

速さだけでなく重さも求められる

独特のモアイの世界が堪能されましたw

DSCN0517.JPG

DSCN0532.JPG 

 

プールサイドの良いポジションを

タオルで場所取りする「プールポジション」

ちょっと間抜けな監視員の目をかい潜り、

タオルが次々とプールに投込まれましたw

 

悪の博士が操るゾンビと協力して戦い

生還を目指す「ゾンビフォートレス」

大量のゾンビから逃げ回った果てに全滅

というホラーの王道?が楽しまれました♪

 DSCN0556.JPG
 DSCN0561.JPG

 

バンパイアを狩るハンターゲーム

「バンパイア」

持ち込みゲームで管理人はルールを

知らないのでコメントよろしくです!

 

あの名作カードゲーム”6ニムト”が

ボードゲームになりました「ボードニムト」

大量人数で楽しく盛り上がれる面白さは

ボードになっても健在でした♪

DSCN0607.JPG 
 DSCN0610.JPG

 

アラビアンな世界を空飛ぶ絨毯で

飛び回る「フライングカーペット」

絨毯と共に星の魔法が飛び交う中

華麗なレースが繰り広げられました。

 

箱庭感覚で宮殿と庭を建築していく

宮殿建築ゲーム「アルハンブラ」

皆さん思い思いに庭園を広げ

豪華な宮殿を建築されておられました。

DSCN0565.JPG 

photo.JPG 

村人の中に紛れ込んだ人狼を探す

パーティー推理ゲーム「タブラの狼」

左の写真は、最後に残った3名の中に

残った狼がほくそ笑む、の図ですw

「プールポジション」「バンパイア」「フライングカーペット」は大会に参加してくださった方の持ち込みゲームでした。どうもありがとうございます♪今大会は大量の人数の方が遊びに来てくださり、目の届かないところも多かったのですが、そこは参加者の皆様のご厚意でゲームのインスト始め様々に配慮していただき、無事大会を終えることができました。重ね重ねどうもありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します~ というところで、今回の簡易レポートはここまで!

正式なレポートは後日HPにアップさせて頂きますので、お楽しみに~♪

PS.次回大会のコンセプトには「陣取りゲーム」か「ローマを題材にしたゲームを遊ぶ」のいずれかを考えております。告知が遅れて申し訳ないですが、今週末までには決めさせて頂きますので、よろしくお願い致します!

2006年12月3日

鍋、そしてゲーム♪

Filed under: 今日のアナログゲーム — モグラ @ 2:00 pm

鍋パーティで集まった後に夜通しゲームを遊びました♪
初参加の方々にはロボラリーが楽しんでいただけました。
深夜組は内輪のメンバーだったので面白いか実験気分のゲームがです。
今回はその深夜に回った2つのゲームを紹介しようと思います!

 

SIENA(邦題:シエナ、ゲームデザイン:Mario Papini)
時は1338年・・・場はイタリア、シエナ市内・郊外で農夫から成り上がっていくゲームです。芸術の町らしい絵柄はいいのですが、カードが全てボードの絵のトリミングになってるものの見つけれません(–; ゲーム自体はカードを競るゲームなのですが直接的にはゲームの目的である名声に関係のないパラメータが多く、勝利への道がゲーム序盤にはいまいち見えてきません。とりあえず目先のこと(金儲け)を処理するのが精一杯でした。転職のタイミングや終盤用としか思えないカードを競るメリットなどが初プレイでは分かりにくかったですね。一度通して遊んでみてようやくゲームの骨格が分かりました。名声の入手方法が4種ほどに分岐されておりプレイヤーが現状を見極めながらどの戦略を取るべきかを判断していくゲームで、実はバランスもよく取れています。そういう意味ではいいゲームなのですが、2時間ほどかかる、初プレイではゲームの骨格が分かりにくい(インストも大変)など問題点もあります。くどいゲームが嫌いでなければ一度味わうのも悪くはないかもしれません・・・!?内輪ネタながら今回はみな「よく分からないからとりあえず♪」と愛人を宿屋に呼びすぎたのがゲーム進行上での失敗でしたね。初プレイの方には「愛人は序盤は不要ですよー」と助言しておきましょう~~(笑

 

②Oriente(邦題:オリエンテ、ゲームデザイン:L.Coppola)
4-12人用ゲームですが、ルールを読んだだけではよく分からずとりあえず4人で実験的にまわしてみました。感想は「うーん、怪しいゲームだ・・・」ってところでしょうか(苦笑 コンポーネントは西洋にありがちな誤った東洋感のデザインです。「あいや、またれい!」言うのを楽しむゲームですかね♪なんというか積み上げてきた戦略も何もあったもんではないカード能力が多数用意されておりグチャグチャ乱戦になる気がします。今回は4人で遊んだので地味な展開にならざるを得ませんでしたが、これを10人とかで遊んだら阿鼻叫喚な展開になりそうな予感ですねぇ・・・。楽しめるかどうか是非実験に参加してくださる面子が集まれば再トライしてみたいです!

今回はこんな感じですかね。その他、エレファントやマンマ・ミーヤなども遊びましたが最近レビューをかいたところなので割愛させていただきまーす!

« 前のページ次のページ »