2007年5月24日

第1回ゆとりゲーム会簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — oboro @ 9:01 pm

5月20日(日)に開催された第1回ゆとりボードゲーム会”自身の感覚が試される”会に参加してくださった皆様、ありがとうございました。
今回は大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会主催者のウブメが多忙のため宣伝を行わず、ふくしまんYさん主導という形で内輪で開催しようということになりました。
ウブメさんのいないゲーム会は初めてなので、比較的簡単なゲームでやってみようと言う事で読み合いなどのあまり無い、短時間で出来るゲームという事で、
「手を使ったゲーム」をやってみようということになりました。
1回のゲーム時間が短いものが多くなったため、遊ばれたゲームは参加人数のわりには極めて多く、

シャドウハンターズ

エボ

クルード

投扇興

ヴィラ・パレッティ

この窓どの窓

カエルの飛び込み大会

イースター島

ザップ・ゼラップ

カヤナック

メイクンブレイク

チャオチャオ

魔法の掃除機

スティッキー

ゾンビレース

バルバロッサ

水晶を取り戻せ

グラグラカンパニー

盗賊の親方

マスターラビリンス

となりました。中には数度遊ばれたゲームもあり、皆さん楽しんでいただけたと思います。
では毎回のごとく写真と共にゲームの紹介をさせていただきます♪

シャドウハンターズの写真

 

闇の森に迷い込んで争いに巻き込まれ

己の目的を果たす「シャドウハンターズ」

異能の人々の争いの天秤は

神の奇跡によりひっくり返りました。

 

自らの進化の形を競り落とす

滅亡までにどれだけ繁殖できるか「エボ」

得点を消費しながら様々に進化する中

最終的には熱い接戦となりました。

エボの写真
クルードの写真

 

それぞれが持っている証拠を元に

犯行を割り出す「クルード」

鋭い直感を元に推理されて

犯行はすぐに露見してしまいました。

 

扇が宙を舞い、蝶にあたる

扇と蝶の成す形で得点を決める「投扇興」

扇が綺麗に飛ぶまでに

ある程度慣れが必要でした。

投扇興の写真
ヴィラバレッティの写真

 

限られた資材を最大限に活用する

手抜き建築「ヴィラ・パレッティ」

様々な思惑が絡み合う中数度遊ばれ、

最終的に天まで届くものとなりました。

 

窓の大きさを瞬時に判断する

あっちこっちどっち?「この窓どの窓」

ルールは簡単なのですが

人の目は正確ではないようです。

この窓どの窓の写真
かえるの飛び込み大会の写真

 

カエルに見立てた小さな玉を

池に投げ入れる「カエルの飛び込み大会」

盤面の外で飛び跳ねるカエルたちは

3匹並んで得点として消えていきます。

 

石を詰めて他のモアイを動かす

目的は重く早くの「イースター島」

自分を重くするか人を重くして先に進むか

そのバランスが難しかったです。

イースター島の写真
ザップ・ゼラップの写真

 

樽に入った金属球の数を導き出す

多すぎると進めません「ザップ・ゼラップ」

抜きつ、抜かれつ、序盤で進めない中

1人だけ独走状態になってしまいました。

 

氷の張った湖の上でさなか釣り

誰が名人?「カヤナック」

釣れる場所はわからないのですが

最初にいた位置で勝負が決まりました。

カヤナックの写真
シャドウハンターズの写真

 

限られた時間でカードに書かれたように

ブロックを積み上げる「メイクンブレイク」

10個のブロックが様々に積みあがり

すぐに壊されていきました。

 

自己申告した出目だけ進む

嘘がばれると奈落へ落ちる「チャオチャオ」

必ず嘘をつかなければならない時が来る

単純だけど奥が深いです。

チャオチャオの写真
魔法の掃除機の写真

 

曲がりくねった道を選んでつなげて

目的地までの道を作る「魔法の掃除機」

人の目分量はどこまで正確なのか

頭の中と現実の違いに四苦八苦しました。

 

わっかに刺さっている棒を

引き抜いていく「スティッキー」

微妙なバランスで立つ棒を抜いていくのは

想像以上に困難を伴いました。

スティッキーの写真
ゾンビレースの写真

 

カードを競って行動を決める

人形の気持ちで道は歪む「ゾンビレース」

どれほど緻密な戦略を立ててみても

どうにもならない事があるようです。

 

粘土をこねて何かを作り

他人のを当てる「バルバロッサ」

13本の矢印が粘土に刺さった結果

一番多く当てた人が逃げ切りました。

バルバロッサの写真
水晶を取り戻せの写真

 

悪い魔法使いに奪われた

水晶を取り戻す「水晶を取り戻せ」

子供に任せた良い魔法使いさん

なんで自分で行かないの?

 

積み上げたサイコロのように不安定な

会社を経営する「グラグラカンパニー」

どこまで積み上げ、どこで乗り換えるか

冷静な判断が勝敗を分けました。

グラグラカンパニーの写真
盗賊の親方の写真

 

毎回形の変わる宝石箱から

宝石を盗み出す「盗賊の親方」

今回、横で行われていた偉業のために

皆の記憶は消滅しました。

 

洞窟の中からお宝を奪い去る

地形を差し込む「マスターラビリンス」

魔法の杖で倍速で行動したり

様々な思惑が飛び交いました。

マスターラビリンスの写真

今回のゲームはルールの把握が簡単で、1回のプレイ時間が短く、脊髄反射で行うようなゲームを想像していたのですが、やってみると考える事も多く奥が深いものでした。

 

今回のゲーム会のレビューはモグラさんによって既にアップされています。詳細はそちらでかかれております。そちらもご覧下さい。

2007年3月1日

第9回大会(2月25日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — oboro @ 10:12 pm

2月25日(日)に開催された第9回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”uraにaruもの占う ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪
コンセプトからは分かりにくいですが今回は「バッティングゲーム」という戦略を立てて、その戦略が人とかぶらないようにする事が勝利に近づく1つの方法であるゲームを選び、そのために他人がどう行動するかを考えるゲームをメインに遊びました。
今回遊ばれたゲームは

「アルカディアの建物」

「ヴェネチアの柱」

「ブロックストライゴン」

「人狼」

「ルミ」

「盗賊の親方」

「ヒマラヤ」

「バサリ」

「モルゲンランド」

「ドラゴンデルタ」

「スー」

「モナリザ」

「闇の怪盗」

「どきどきわくわく相性チェックゲーム」

「はげたかの餌食」

「レースギャロップ」

「スカイランナー」

「マカバナ」

「カリブ」

「ポイズン」

「イントリーゲ」

と非常に数多くのゲームが遊ばれました。
それでは今回のレポートを写真と共に紹介させていただきます♪

アルカディアの建物の写真

 

建物を建てて紋章を得て

お金に代える「アルカディアの建物」

人力で作られる美しい町並みも

紋章の価値の増減の前に霞みました。

 

湿地に杭を打ってその上に街を作れ

土木工事だ「ヴェネチアの柱」

街建設の利権争いのために

杭ばかり打ち込まれていました。

ヴェネチアの柱の写真
ブロックストライゴンの写真

 

タイルを並べて盤面を埋めろ

「ブロックストライゴン」

隙間があまりない綺麗な盤面に

タイルがすべてはまったようです。

 

村を荒らす人狼をつるしあげろ

村の会議で人狼を見つける「人狼」

ただの村人はきわめて少ない中

人狼は皆狩り出されました。

人狼の写真
ルミの写真

 

ブロックを積み上げて何かを作る

童心に還りきれない戦略性「ルミ」

ブロックで積み上げる壁は

綺麗に出来上がりました。

 

毎回変わる箱から

宝石を盗み出せ「盗賊の親方」

常々変化する箱の前に

宝石の場所が分からなくなりました。

盗賊の親方の写真
ヒマラヤの写真

 

ヒマラヤの高地を巡り

使命を果たせ「ヒマラヤ」

権力と資金力の天秤は

傾きすぎてしまいました。

 

スピードか力か宝石を集めて

得点に変える「バサリ」

他の人と違う行動をとることが

一番の近道になりました。

バサリの写真
モルゲンランドの写真

 

アーティファクトのために

竜の巣にも入る「モルゲンランド」

中東のとある場所を舞台に

魔法の嵐が吹き荒れました。

 

ドラゴンリバーに橋を架けて

渡り切れ「ドラゴンデルタ」

動き出しの見極めが

勝敗の分かれ目でした。

ドラゴンデルタの写真
スーの写真

 

スーの部族の長となり

冬の蓄えを狩りあつめる「スー」

狩人としての極意は

獲物の心理にありました。

 

本物のモナリザを見つけ出せ

専門家の意見が正しい?「モナリザ」

専門家の発言力の上下動が

まったく読みきれませんでした。

モナリザの写真
相性チェックゲームの写真

 

パートナーとの相性が全て

「どきどきわくわく相性チェックゲーム」

キーワードからの連想が

きちんとそろうのは至難でした。

 

分かりやすいルールと

速度のある展開の「はげたかの餌食」

読みあいで荒んだ心の

一服の清涼剤となりました。

はげたかの餌食の写真
レースギャロップの写真

 

数字の書かれたカードだけ

馬を進める「レースギャロップ」

かわいらしい馬達が

レース場を駆け巡りました。

 

手元のカードを上手に使い

高層ビルを駆け上がる「スカイランナー」

道具を使ったり邪魔をしたり

様々な思惑が重なり合いました。

スカイランナーの写真
マカバナの写真

 

楽園にわらぶき小屋を建てて

観光大臣になろう「マカバナ」

3つ巴の混乱の横で

1人漁夫の利を得ました。

 

こぼれる薬を回収せよ

混ぜるな危険「ポイズン」

薬を作っていたはずが

皆さん毒に侵されていました。

ポイズンの写真
イントリーゲの写真

 

貴族の館を舞台に繰り広げられる

雇用問題「イントリーゲ」

様々な感情が交錯する中

信頼が勝敗の分かれ目になりました。

「ポイズン」「イントリーゲ」「人狼」は参加者からの持込でした。また今回は「盗賊の親方」が好評で、皆さん思うがままに宝石箱をいじっていらっしゃいました。というところで今大会の簡易レポートはここまでにさせていただきます。

正式なレポートは近々書き上げられると思いますので、詳しくはそちらをご覧下さい♪

2007年2月21日

第8回大会(1月21日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — oboro @ 7:46 pm

今回から簡易レポートはおぼろが作成させて頂きます。よろしくお願いします。

1月21日(日)に開催された第8回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”世界の果てに隠された ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪
コンセプトにあるように普段からゆとりに来てくださっている方だけの内輪の大会となりましたが、忙しい中参加してくださった皆様ありがとうございました♪
遊ばれたゲームは、

「投扇興」

「カール大帝」

「バルバロッサ」

「ドリュンタードリューバー」

「手荷物検査」

「ヒーロースケープ」

「イリアド」

「金、かね、カネ」

「モダンアート」

「ナゲッツ」

とこれまでのゲーム大会で遊ばれた物を中心に遊ばれました。
それでは今回も写真を中心に簡易レポートを報告させて頂きます♪

dscn0909.JPG

 

空を舞う扇が蝶に向かう

見た目にも優美な「投扇興」

蝶と扇の織り成す形に

皆様一喜一憂していました。

 

各地を巡るカール大帝の御心のままに

領地に勢力を築いていく「カール大帝」

地方領主の心変わりの早さのために

領地をまとめるのは大変でした。

dscn0867.JPG
dscn0934.JPG

 

適度に分かりにくいように粘土をこねて

作ったものを当てる「バルバロッサ」

分からないものがあるハプニングの中

目標得点を達成することが出来ました。

 

迷走する道路は都市計画のうち?

道とトイレの町でいいのか?

「ドリュンター・ドリューバー」

建物の計画は企画倒れになりました。

dscn0896.JPG
dscn0911.JPG

 

嘘か本当どっちが有利か

多くの荷物を密輸せよ「手荷物検査」

検査されるか袖の下か

保安官の心理は読みきった?

 

ドラゴンだって英雄なんです

任せて見物?「ヒーロースケープ」

水源情報を守るドラゴンは

簡単に撃ち殺されてしまいました。

dscn0871.JPG
dscn0917.JPG

 

トロイア戦争の真実はこうだ

木馬は張りぼて?「イリアド」

木馬は壊されるきまりがあるのか?

運と戦略が勝敗の分かれ目でした。

 

カードを使って駄々をこねて

投資家を動かせ「金、かね、カネ」

結局話し合いよりは

私がボスだ!で決まりですね。

dscn0875.JPG
dscn0937.JPG

 

画の価値は画商が決める

人気が全て「モダンアート」

絵画の世界の裏側を

覗いた気になれました。

 

タイルを置いて権利を主張

金塊を集める「ナゲッツ」

タイルの有効範囲の設定が

勝敗を分けました?

dscn0919.JPG
今回は主に過去の大会で遊ばれたゲームの中からもう1度やってみたいゲームをやってみたのですが、何度かやってみると初回では見えてなかったことが見えるようになりますね。後今回新しいゲームとして「投扇興」「イリアド」「手荷物検査」等というゲームをやったのですが、「投扇興」は舞台装置をある程度整えて、人数が多いと盛り上がれますね~ダーツの扇版かと思いきや得点がその後の形になるあたり運の要素も強そうです。

正式なレポートはすでにHPにアップされております。詳しくはそちらの方でお楽し下さい♪

2007年1月2日

第7回大会(12月17日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — ubume @ 7:09 pm

12月17日(日)に開催された第7回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”世界のすべては私の為にある ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪

コンセプトが非常に濃い大会で、日程が忙しい年末に掛かっていることもあり参加者の数を危ぶんでいましたが、ふたを開いてみたら多くの人が遊びに来てくださり、楽しい大会となりました。お忙しいところどうもありがとうございます!

遊ばれたゲームは、

「ブラフ」
「アクワイア」
「サムライ」
「ルミ」
「おい、それは俺の魚だぜ」

「キャメロットを覆う影」
「エルグランデ」
「ナゲッツ」
「カール大帝」
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

今大会は陣取りゲームという重いジャンルの大会であったにも関わらず
これだけ多くのゲームを遊んでくださり、どうもお疲れ様でした!
それでは簡易レビューを始めさせて頂きます♪

 DSCN0714.JPG

 

サイコロの偏りを予測し支配する 

サイコロゲーム「ブラフ」

ガラガラと騒がしい音に包まれる中

厳しくも楽しい予想が繰り広げられました。

 

アーサー王伝説の円卓の騎士となり戦う 

協力ゲーム「キャメロットを覆う影」 

裏切り者の影に覆われるキャメロット城 

厳しい戦況の中円卓の騎士の運命は!? 

DSCN0730.JPG 
DSCN0715.JPG 

 

ホテルチェーンを経営して

株で儲ける古典的名作「アクワイア」

今回も初プレイの方を交えてのプレイ。

楽しい戦略性を味わって頂けたでしょうか。

 

騎士を派遣しスペインの覇権を争う 

陣取り名作ゲーム「エルグランデ」

塔を上手く使い領土を制するには 

目立たず騒がず慌てず、が最重要!? 

  DSCN0770.JPG
DSCN0765.JPG

 

日本の戦国時代を制する大名目指す 

和風陣取りゲーム「サムライ」

日本を制するための3種の神器、

「兜」と「仏像」と「水田」を集めよう!

 

シンプルなルールに陣取りの面白さが

ぎっしり詰まった「ナゲッツ」

今大会では2対2の同盟戦を楽しみました。

勝負を決める関が原は序盤にあり!?

DSCN0783.JPG 

DSCN0735.JPG 

 

幅広い層で楽しめ、今大会人気No.1の

ブロック積み上げ建築ゲーム「ルミ」

シンプルなルールでゲーム開始直後から

終わった後まで楽しい時間が過ごせます。

 

二人用陣取りゲームの最高傑作

そんな呼び声も高い「カール大帝」

今大会では2対2の同盟戦で遊ばれ、

広大な領土の維持に四苦八苦してました

 DSCN0749.JPG

DSCN0746.JPG 

 

簡単なルールと可愛いペンギンが特徴の

「おい、それは俺の魚だぜ!」

10分ほどで終わる手軽さですが、 

陣取りゲームらしく頭をじっくり使います♪ 

 

 

 
今大会は重いゲームの集まりで、参加してくださった皆様の頭も大変お疲れだったと思います。大変疲れるゲームが目白押しの今大会でしたが、皆様の人気を集めたゲームはダントツで「ルミ」。ブロックを積み上げるだけの単純なゲームで昔からどこにでもありそうなルールなのに、こんなにも面白いとは!と皆の人気を独り占めしていました。「頭の悩ませ度」÷「ルールのシンプルさ」の大きさは陣取りゲームの中でもピカイチでしょう。今大会で遊べなかった人はぜひとも遊んでみて下さいね♪というところで、今回の簡易レポートはここまで!

正式なレポートは後日HPにアップさせて頂きますので、お楽しみに~♪

2006年12月21日

第7回ゆとりボードゲーム大会にて

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — raimu @ 7:24 pm

お初にお目にかかります。ゆとり会員のraimuという者です。ちょくちょくこのブログにお邪魔させていただくことになりましたので、よろしくお願いします。
さて、第7回ゆとりボードゲーム大会に参加しました。今回のコンセプトは「世界の全ては私の為にある」、陣取りをテーマとした大会です。テーマがテーマですので、今回はじっくり腰をすえてやるゲームが多いように思いました。それではプレイしたゲームを紹介していきます。

 

・ブラフ
起き抜けに騙し合い。場のダイス目の数を予想するゲーム。
いきなり一人がへこむ展開になりましたが、「あっという間に脱落ですか(笑」と言われながらも粘り強く残す展開となりました。結構ぴったりの数でのブラフ宣言が多く、ダイスの減りが早くてつらいつらい。私に関しては中盤、持っているダイスの数に偏りができたので、その人狙ってくださいと念じてビットしたものの下家に無理と言われて潰えました。初めて相手にする人だとなかなか難しいなあ。

 

・アクワイア
ホテルに投資したり合併したりするゲーム。
2回目のプレイ。しかし、どうも盤面を支配されているというか肝心なところを止められてしまっている感じが終始しました。中規模(3~6軒)のホテルが乱立したためにどの株が資金源になるとかが読みづらく、しかも肝心な場所のカードも持ってないので、いつ合併するかも分からないという状況でした。資金も2回尽きかけたあたり、非常に厳しい状態だったことが分かっていただけるかと。結局、一度も筆頭株主の配当を得られぬまま(泣)終了となりました。

 

・それは私の魚です
氷の上を滑るペンギンたちの魚喰い競争。ただし、足場も一緒に食べて生きます(笑。
このゲームのタイトルはもうちょっと威勢がいい感じだったと思うのですが、忘れたのでニュアンスで書いてます。ルールは単純だなあと思って、ゲームを始めましたが、始まると運の要素がなくて結構シビアだッ!!と思いました。ルール自体は単純で2,3手読めればいいので、ある意味で初心者向きでしょうか。今回は1匹差で1位から4位が決まるという結果になったので、あの一手が違ってたらどうなってたんだろうと思う一戦でした。

 

・エルグランデ
スペインの王となるべく各地に騎士を派遣して影響力を高める陣取りの古典。
9ラウンドゲームは初めてでした。ゲーム期間が長いと妨害系のカードを使っている暇があるなあと思いました。序、中盤はそこそこうまく展開できていたんですが、終盤押さえ込まれて3位という結果になってしまいました。得点構造やカードのルールが複雑なこともあっていくつかルールを間違えていたんですけどね。そのこともあるので、機会があればまたやってみたいかなと思いました。

 

以上、私が今大会でプレイしたゲームでした。
陣取りゲームがテーマということでどっぷりと思考する充実した大会でした。次回も楽しみにしております。

2006年12月4日

第6回大会(11月19日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — ubume @ 7:19 pm

11月19日(日)に開催された第6回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”Before カタンを遊ぶ ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪

コンセプトに含まれるゲームが非常に多い今大会ですが、大会参加者数も初の20人越えと大変多く、初めて4テーブル全てを使う大会となり、大変賑わう大会となりました。

遊ばれたゲームは、

「Robo Rally」
「キャメロット城を覆う影」
「丘の上の館の裏切り者」
「アクワイア」
「かね、カネ、金」
「マンハッタン」
「貴族の務め」
「ドリュンター・ドリューバー」
「キャントストップ」

「イースター島」
「プールポジション」
「ゾンビフォートレス」
「バンパイア」
「ボードニムト」
「ローマ帝国の危機(カタンシリーズ)」
「フライングカーペット」
「アルハンブラ」 

などなど多種多様♪ 参加者の方々の持ち込みゲームも数多く遊ばれました。 
それでは今回も写真を中心に簡易レポートを報告させて頂きます♪

 DSCN0508.JPG

 

4対4のチーム戦でフラッグを奪い合った 

ロボットゲーム「ロボラリー」

スクラップになるロボットが現れるなど、

工場を舞台に激戦が繰り広げられました。

 

アーサー王伝説の円卓の騎士となり戦う 

協力ゲーム「キャメロットを覆う影」 

協力者に紛れて裏切り者が暗躍する中 

無事キャメロット城は守られたのでした。

DSCN0511.JPG 
DSCN0595.JPG 

 

50ものシナリオが用意されている

ホラーゲーム「丘の上の館の裏切り者」 

迷い込んだ冒険者達は哀れにも

魔女の前に蛙となってしまったのでした。

 

企業を買収して株で儲ける 

古典的名作M&Aゲーム「アクワイア」

初プレイの方も交えてのプレイでしたが、 

奥深い戦略性を楽しめたでしょうか?

  DSCN0554.JPG
 photo.jpg

 

投資家が動く動機はお金のみ!?

カード交渉ボードゲーム「かね、カネ、金」

投資話をまとめるための交渉のはずが

駄々っ子の意地の張り合いに!?

 

世界の都市を自分色に染め上げろ!

ビル建築陣取りゲーム「マンハッタン」

カラフルなビルに彩られた摩天楼で

激しいシェア争いが繰り広げられました。

DSCN0594.JPG 

DSCN0586.JPG 

 

蒐集したコレクションを披露して

他の貴族に自慢する「貴族の務め」

今大会では他の貴族の思惑を読みきり

手玉に取った貴族がおられたとかw

 

道路の為なら立ち退きは当然!という

狂った都市計画を楽しむゲーム

「ドリュンター・ドリューバー」

“便所潰し”の異名で楽しまれたようですw

 DSCN0547.JPG

DSCN0577.JPG 

 

やめられない♪止まらない♪

サイコロ登山ゲーム「キャントストップ」

“あと一振り、そう思う心が命取り”

と、分かっていても振っちゃうんですよねw

 

とある島でモアイがレースを行う

石入れレースゲーム「イースター島」

速さだけでなく重さも求められる

独特のモアイの世界が堪能されましたw

DSCN0517.JPG

DSCN0532.JPG 

 

プールサイドの良いポジションを

タオルで場所取りする「プールポジション」

ちょっと間抜けな監視員の目をかい潜り、

タオルが次々とプールに投込まれましたw

 

悪の博士が操るゾンビと協力して戦い

生還を目指す「ゾンビフォートレス」

大量のゾンビから逃げ回った果てに全滅

というホラーの王道?が楽しまれました♪

 DSCN0556.JPG
 DSCN0561.JPG

 

バンパイアを狩るハンターゲーム

「バンパイア」

持ち込みゲームで管理人はルールを

知らないのでコメントよろしくです!

 

あの名作カードゲーム”6ニムト”が

ボードゲームになりました「ボードニムト」

大量人数で楽しく盛り上がれる面白さは

ボードになっても健在でした♪

DSCN0607.JPG 
 DSCN0610.JPG

 

アラビアンな世界を空飛ぶ絨毯で

飛び回る「フライングカーペット」

絨毯と共に星の魔法が飛び交う中

華麗なレースが繰り広げられました。

 

箱庭感覚で宮殿と庭を建築していく

宮殿建築ゲーム「アルハンブラ」

皆さん思い思いに庭園を広げ

豪華な宮殿を建築されておられました。

DSCN0565.JPG 

photo.JPG 

村人の中に紛れ込んだ人狼を探す

パーティー推理ゲーム「タブラの狼」

左の写真は、最後に残った3名の中に

残った狼がほくそ笑む、の図ですw

「プールポジション」「バンパイア」「フライングカーペット」は大会に参加してくださった方の持ち込みゲームでした。どうもありがとうございます♪今大会は大量の人数の方が遊びに来てくださり、目の届かないところも多かったのですが、そこは参加者の皆様のご厚意でゲームのインスト始め様々に配慮していただき、無事大会を終えることができました。重ね重ねどうもありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します~ というところで、今回の簡易レポートはここまで!

正式なレポートは後日HPにアップさせて頂きますので、お楽しみに~♪

PS.次回大会のコンセプトには「陣取りゲーム」か「ローマを題材にしたゲームを遊ぶ」のいずれかを考えております。告知が遅れて申し訳ないですが、今週末までには決めさせて頂きますので、よろしくお願い致します!

2006年10月17日

第5回大会簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — ubume @ 12:57 am

10月15日(日)に開催された第5回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”車も船も亀もウサギも競い合う ”第5回大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪

コンセプトがレースゲームであった今大会ですが、大会自体もボードゲームを遊ぶこと自体がレースであるかのように、次々とレースゲームを遊び倒した大会となりました♪

遊ばれたゲームの中からレースゲームだけ挙げても、

  • 「ミシシッピクィーン」
  • 「エルフェンランド」
  • 「ピッチカー・ミニ(カラバンデ)」
  • 「ゾンビレース」
  • 「ドラダ」
  • 「ウサギとはりねずみ」
  • 「1号線で行こう!ストリートカー」
  • 「ロボラリー」
  • 「エクスペディション」
  • 「サバンナカフェ」
  • 「ミルボーン」

とかなり盛り沢山でした~ というわけで、盛りだくさんの写真を中心に簡易レポートをお楽しみ下さい♪

ミシシッピクィーンの写真

 

ミシシッピ川を貴婦人を乗せつつ

川下りする「ミシシッピクィーン」

先の見えない川の流れに翻弄され、

僕も遊びましたが、ボロ負けでした(涙

 

エルフとなってファンタジー世界を

旅する優雅なゲーム「エルフェンランド」

ユニコーンや魔法の雲を使いこなして

皆さん世界を巡っておられました~

エルフェンランドの画像
ピッチカー・ミニの画像

 

おはじきF1ゲーム「ピッチカー・ミニ」の画像

8人参加のチーム戦で競い合いました。

サイズは机の上に乗るまで小さくなったけど

面白さは原寸大でした♪

 

ゼンマイを巻いてゾンビを進める

新感覚レースゲーム?「ゾンビレース」

今大会唯一思い通りに

レースできなかったゲームでした!?

ゾンビレースの画像
ドラダの画像

 

古典的名作レースゲーム「ドラダ」

簡単なルールとコマを動かす楽しさが

上手くマッチしていて、

ドイツゲームのシャープさが光りました♪

ウサギとハリネズミの画像

 

ニンジンの食べ過ぎ持ち過ぎに要注意!

「ウサギとハリネズミ」の画像

行ったり戻ったりしつつ

皆さん足し算に苦心しておりました♪

 

路線ができた人からレースを開始する

「1号線で行こう!ストリートカー」

利用客にとって不便な路線ができるのは

電車ゲームの常!?

一号線で行こう!の画像
ロボラリーの画像

 

ロボットも競争したんです「ロボラリー」

でも走ってるロボットは

ポンコツロボットで・・・(笑)

ワイワイとても盛り上がりました~

 

探検隊に指示を与えて

名所旧跡を巡る「エキスペディション」

ちょっと目を離した隙に

探検隊はあらぬ所へ!?

エキスペディションの画像
サバンナカフェの画像

 

3種類の動物を上手く使いこなして

レースする「サバンナカフェ」

混迷を極めた展開を制したのは

百獣の王「ライオン」でした!

「ミルボーン」は大会に参加してくださった方の持ち込みゲームだったのですが、写真を撮り損ねてしまいましたので、ここにはアップされていませんが、皆さん盛り上がっておられるようでした~ 実は僕も遊びたかったので、また「ミルボーン」持ち込んでくださいな(笑)というところで、今回の簡易レポートはここまで!

正式なレポートは後日HPにアップさせて頂きますので、お楽しみに~♪

2006年9月26日

第4回ゆとりボードゲーム大会(9月24日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — ubume @ 10:06 pm

「モノの敵性価格(enemy price?)を話し合う」というコンセプトで開かれた「第4回ゆとりボードゲーム大会」に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。今大会は新しく来て下さった方々に恵まれ、参加者が10名を越すという今までの3大会になく大規模な大会となりました。

皆様からの投票で遊ぶゲームが選ばれた午前中には、

  ・「操り人形」
  ・「ポンペイ」
  ・「シャドウハンターズ(拡張版)」

が遊ばれ、コンセプトゲームが遊ばれた午後には

  ・「ラー」
  ・「モダンアート」
  ・「ドラゴンズゴールド」
  ・「フォーセール」
  ・「珍獣動物園」

などのゲームが遊ばれました。

大会終了時に参加者の皆様に気に入ったゲーム名を挙げていただいているのですが、午前中の投票ゲームでは「シャドウハンターズ」「操り人形」「ポンペイ」と全てが人気で、

    「シャドウハンターズ」:もう後何度か遊んでみたい
    「操り人形」      :自分と他人の考えの違いが実感できるのが面白い
    「ポンペイ」       :題材は不穏当だけど、ワイワイ楽しめる

などの意見が集まりました。午後のコンセプトゲームでは「ラー」「フォーセール」が人気で、

    「ラー」         :時間の概念が上手く取り入れられている
    「フォーセール」    :お手軽にできて楽しかったので、もう何回か遊びたい

などの意見を頂きました。

後日、正式なレポートをアップしますので、お楽しみに!

ちなみに、次回大会は10月15日(日)10:00から、今大会と同じく大阪環状線桃谷駅徒歩1分の会場で開催されます。次回大会のコンセプトは、「レースゲーム」、あるいは「バッティングゲーム」、にしようかな、と思っております。今大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました!また一緒に遊べる日を楽しみにしております♪

次のページ »