2007年7月30日

ライン河を巡る攻防

Filed under: 初プレイボードゲーム雑感 vol.1 — ubume @ 12:23 am

 ラインレイダー(ライン公国?)を初プレイ♪

 

 個人的には今年初プレイしたゲームの中で間違いなく一番面白かったゲームでした♪

 

 ゲーム内容は、曲がりくねったライン河両岸の土地に騎士を配置して自分の領土とし、最も効率的にライン河を支配した人が勝つ、といういわゆる陣取りゲームです。陣取りゲームらしく領土が隣接した時の戦闘のルールが当然あるわけですが、戦闘を非常に簡単に抑止することができるルールもあったため、初めて説明書を読んだ時には、このルールで本当に戦いが起こるの??という感想を抱きました。

 

 ところがところが。静かな序盤戦を過ぎて中盤戦に入った辺りでその後の展開をじっくり考えてみると、「なるほど、これは戦闘起こるわ~」と納得♪そして、終盤戦に入る頃には、戦闘が起こることで全員の読み・・・特にゲーム終了までに思い描いていた勝利への道筋が戦闘一つでドラマチックなほど変化するんだなぁ、ということに気づき、そこからはドキドキの連続で大変楽しめました♪結局、初プレイ時はその「戦闘一つ」の重さの前に悔しい負けを喫したんですけどね^^

 

 このゲームは、ゲーマーな人達、特にゲームを定量的に捉えて勝利までの道筋を数値化して考えることのできるメンバーにウケがいいと思います。ただひたすらゲーム的な駆け引きにのみ没頭することで得られる充実した60分は、自信をもって推薦させて頂きます。シンプルな文言で綴られている陣取りのルールが、密かにゲーム終了条件への影響力や手札運用の方法論などに影響力を与えていることに気づき、ニヤリとする楽しみをぜひ味わって下さい♪

 

 と、べた褒めしてきましたが、ちょっと苦言を呈するならば、このゲームの底辺に流れるシステム自体はオリジナルではないというところでしょうか。勝利条件やリソースの変換条件などが異なるため、勝つために配慮しなければならない点や楽しむために最低限抑えなければならない点などプレイ感は全く異なるのですが、ゲームの面白さを産み出す根幹となる部分は「アクワイア」を踏襲したものとなっています。

 

 ただ、これだけ数多く作品が生み出されたボードゲーム界において完全にオリジナルなゲームシステム、というものは現在ではほぼ存在しないこと、そして最近のボードゲームの面白さは過去に作り上げられたシステムに改良・改善を施すことで進化してきていること、そして何よりも、往年の名作である「アクワイア」のシステムを踏襲して、より面白く進化させたゲームには僕自身は巡り合った記憶が無いことを考えると、こうしたゲームの出現に対しては苦言よりも歓迎の言葉を持って迎えるべきでしょう。

 

 そういったわけで。僕は自信をもってこのゲームをこう言ってお勧めすることにしましょう。

 

        「ラインレイダー(ライン公国)は無駄ドローの少ないアクワイアです」

 

と。このお薦め文にピンと来る人は、間違いなく僕と同じくらいこのゲームに嵌ること請け合いです^^

 

PS.む。これってライナークニッツィアさんの作品だったのですね~ クニツィアさんと言えば、今までもシステムのスマートさにいつも感心させられてきましたが、そのスマートさが産み出す方向性は、従来は「ジレンマ」に偏っていたイメージがあります。「ジレンマ」の面白さとは、「誰もがやりたいことをできない」苦しさを楽しむというちょっとマゾヒズムなところですよね。でも、いつの間にかこのゲームのような「誰もがやりたいことをする楽しみ」を実行してくるが故の苦しさを味わうゲームをデザインするようになっていたのですねぇ。僕はそこまでクニツィアさんのゲームに詳しい訳ではないですが、これはクニツィアさんの新境地のゲームなのでは?なーんて個人的には思います。今後はジレンマだけでなく、こちらの方向性も期待できますね♪楽しみだなぁ。

次のページ »