2007年7月4日

考古学者のロマンを味わうゲーム

Filed under: 初プレイボードゲーム雑感 vol.1 — ubume @ 2:04 am

 メビウス便で届いた「テーベの東」というゲームを初プレイ♪

 「テーベの東」は世界各地を巡ってオーパーツなど古代文明の遺跡の噂を文献調査や地元の聞き込みで集めては、発掘して展示するというロマン溢れる考古学のゲームです。実際に発掘する瞬間だけでなく、遺跡発掘に至るまでの準備がとても上手く表現されていて、考古学者として生活している気分がとても楽しめたので、また遊びたいですね~

 発掘準備は入念に行なえるけれども、どれだけ準備に時間を割いても遺跡から財宝をゲットできるかどうかは結局のところ運否天賦というところが、遺跡発掘の一山当てる感にピタリとマッチしていてとてもいい感じです。遺跡発掘のワクワク感と盛り上がりはぜひ皆さんにも体験して頂きたいところ♪

 ゲームの構造的に運の要素の触れ幅がかなり大きいため、ゲーム序盤でドカンと一山当てられると中々追いつけない・・・というところが気になる人もいるかもしれませんが、個人的にはこのゲームは考古学者生活の雰囲気を楽しむゲームなので、遺跡に冒険やロマンを感じる感性さえあれば、十二分に楽しめるのではないかと。

 あ、でも学界発表などで地道に実績を重ねる現実派の考古学者が、気づけば一番名声を獲得していた・・・なーんてこともありますから、ロマン派の考古学者の皆さん、ぜひ頑張って一山当ててくださいね^^

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ