2007年5月6日

第11回ゆとりボードゲーム大会簡易レポート

Filed under: 今日のアナログゲーム — oboro @ 8:47 pm

4月29日(日)に開催された第11回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”隣の芝生は藍より青い”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪
今回は工事力や影響力、お金など様々な何かを増強することで勝利に近づく、比較的ゲームとして正統と言えるようなゲームを集めてみました。
今回遊ばれたゲーム比較的多くなり

「クルード」

「クーハンデル」

「レース・ギャロッポ」

「プエルトリコ」

「イスファハン」

「グロリア・ムンディ」

「ケイラス」

「サンクトペテルブルグ」

「シエナ」

「サンファン」

「ノートルダム」

「ハチエンダ」

「大聖堂」

となりました。午前中は新しく購入した推理ゲームとして「クルード」や過去遊ばれて比較的評判の良かったものを遊びました。

午後に遊ばれたゲームはコンセプトにあった物となり、結果として比較的時間のかかる物となりました。

毎回のごとく写真と共に今回遊ばれたゲームを紹介させていただきます♪

クルード

 

ある館で殺人事件発生!

人々の持つ証拠から

犯人を推理する「クルード」

結果は自白となりました。

 

人の物から動物を買い取って

揃えて稼ぐ「クーハンデル」

様々な可能性のある中

お金の多寡が勝負を決めました。

クーハンデル
レースギャロッポ

 

1から6の数字を出して

お馬が走る「レース・ギャロッポ」

皆と違う数字を出さないと

お馬は走ってくれません。

 

人員の整備をして

植民地を創る「プエルトリコ」

建物建築の道筋の先を行け

運に左右されにくいゲームです。

プエルトリコ
イスファハン

 

街を作るかキャラバンに出るか

サイコロ次第の「イスファハン」

キャラバンと自身の工房の強化と

バランスの見極めが大事です。

 

ローマを見捨て逃げ出せ

アフリカは安全「グロリア・ムンディ」

精強なゴート族の前に

あらゆる策は無為に帰しました。

グロリア・ムンディ
ケイラス

 

王様の命令でお城を建設

ついでに街も作る「ケイラス」

建物を作る資材が沢山ある中

作り上げた量が勝負を決めました。

 

行政官となり街を大きくする

「サンクトペテルブルグ」

政治の世界では資金不足は

清く正しくの代名詞と実感できます。

サンクトペテルブルグ
シエナ

 

イタリアの農民の成り上がり伝説

農民から銀行家へ「シエナ」

銀行家に名声はあるけど

誘惑を振り切るのは大変です。

 

植民地を作り出す

運も重要「サンファン」

道を切り開くのは

引いたカードになりました。

サンファン
ノートルダム

 

ノートルダム寺院の周囲を

綺麗に治める「ノートルダム」

街を綺麗にするために鼠を駆除しますが

時には鼠より重要な案件もありました。

 

アルゼンチンの大地を開拓する

いい牧場を作る「ハチエンダ」

動物達や池など、さらに広さも重要

選択肢の広さが迷いを生みます。

ハチエンダ
大聖堂

 

大聖堂製作に努力した者に

与えられる栄誉を競う「大聖堂」

早く行動するために支払うお金も

栄誉を得るための手段です。

今回新た何かを成長させる事で勝利に近づくゲームをやってみましたが、成長させるところが1つじゃないというところが難しいですね。後、ほとんどのゲームが勝利への道筋への正道と横道を用意しているのが印象的でした。初めてやったゲームでは正道を進むのが勝利に繋がったものが多いようです。

正式なレポートはいずれHPにアップされると思います。詳しくはそちらでお楽しみ下さい。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ