2007年3月1日

第9回大会(2月25日開催)簡易レポート

Filed under: ゆとりボードゲーム大会 — oboro @ 10:12 pm

2月25日(日)に開催された第9回大阪桃谷ゆとりボードゲーム大会-”uraにaruもの占う ”大会に参加してくださった皆様、どうもありがとうございました♪
コンセプトからは分かりにくいですが今回は「バッティングゲーム」という戦略を立てて、その戦略が人とかぶらないようにする事が勝利に近づく1つの方法であるゲームを選び、そのために他人がどう行動するかを考えるゲームをメインに遊びました。
今回遊ばれたゲームは

「アルカディアの建物」

「ヴェネチアの柱」

「ブロックストライゴン」

「人狼」

「ルミ」

「盗賊の親方」

「ヒマラヤ」

「バサリ」

「モルゲンランド」

「ドラゴンデルタ」

「スー」

「モナリザ」

「闇の怪盗」

「どきどきわくわく相性チェックゲーム」

「はげたかの餌食」

「レースギャロップ」

「スカイランナー」

「マカバナ」

「カリブ」

「ポイズン」

「イントリーゲ」

と非常に数多くのゲームが遊ばれました。
それでは今回のレポートを写真と共に紹介させていただきます♪

アルカディアの建物の写真

 

建物を建てて紋章を得て

お金に代える「アルカディアの建物」

人力で作られる美しい町並みも

紋章の価値の増減の前に霞みました。

 

湿地に杭を打ってその上に街を作れ

土木工事だ「ヴェネチアの柱」

街建設の利権争いのために

杭ばかり打ち込まれていました。

ヴェネチアの柱の写真
ブロックストライゴンの写真

 

タイルを並べて盤面を埋めろ

「ブロックストライゴン」

隙間があまりない綺麗な盤面に

タイルがすべてはまったようです。

 

村を荒らす人狼をつるしあげろ

村の会議で人狼を見つける「人狼」

ただの村人はきわめて少ない中

人狼は皆狩り出されました。

人狼の写真
ルミの写真

 

ブロックを積み上げて何かを作る

童心に還りきれない戦略性「ルミ」

ブロックで積み上げる壁は

綺麗に出来上がりました。

 

毎回変わる箱から

宝石を盗み出せ「盗賊の親方」

常々変化する箱の前に

宝石の場所が分からなくなりました。

盗賊の親方の写真
ヒマラヤの写真

 

ヒマラヤの高地を巡り

使命を果たせ「ヒマラヤ」

権力と資金力の天秤は

傾きすぎてしまいました。

 

スピードか力か宝石を集めて

得点に変える「バサリ」

他の人と違う行動をとることが

一番の近道になりました。

バサリの写真
モルゲンランドの写真

 

アーティファクトのために

竜の巣にも入る「モルゲンランド」

中東のとある場所を舞台に

魔法の嵐が吹き荒れました。

 

ドラゴンリバーに橋を架けて

渡り切れ「ドラゴンデルタ」

動き出しの見極めが

勝敗の分かれ目でした。

ドラゴンデルタの写真
スーの写真

 

スーの部族の長となり

冬の蓄えを狩りあつめる「スー」

狩人としての極意は

獲物の心理にありました。

 

本物のモナリザを見つけ出せ

専門家の意見が正しい?「モナリザ」

専門家の発言力の上下動が

まったく読みきれませんでした。

モナリザの写真
相性チェックゲームの写真

 

パートナーとの相性が全て

「どきどきわくわく相性チェックゲーム」

キーワードからの連想が

きちんとそろうのは至難でした。

 

分かりやすいルールと

速度のある展開の「はげたかの餌食」

読みあいで荒んだ心の

一服の清涼剤となりました。

はげたかの餌食の写真
レースギャロップの写真

 

数字の書かれたカードだけ

馬を進める「レースギャロップ」

かわいらしい馬達が

レース場を駆け巡りました。

 

手元のカードを上手に使い

高層ビルを駆け上がる「スカイランナー」

道具を使ったり邪魔をしたり

様々な思惑が重なり合いました。

スカイランナーの写真
マカバナの写真

 

楽園にわらぶき小屋を建てて

観光大臣になろう「マカバナ」

3つ巴の混乱の横で

1人漁夫の利を得ました。

 

こぼれる薬を回収せよ

混ぜるな危険「ポイズン」

薬を作っていたはずが

皆さん毒に侵されていました。

ポイズンの写真
イントリーゲの写真

 

貴族の館を舞台に繰り広げられる

雇用問題「イントリーゲ」

様々な感情が交錯する中

信頼が勝敗の分かれ目になりました。

「ポイズン」「イントリーゲ」「人狼」は参加者からの持込でした。また今回は「盗賊の親方」が好評で、皆さん思うがままに宝石箱をいじっていらっしゃいました。というところで今大会の簡易レポートはここまでにさせていただきます。

正式なレポートは近々書き上げられると思いますので、詳しくはそちらをご覧下さい♪

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ