2006年11月11日

TongaBonga(トンガ・ボンガ)

Filed under: 今日のアナログゲーム — ubume @ 9:59 pm

 3~4人用ゲームTonga Bonga(邦題:トンガ・ボンガ,ゲームデザイン:Stefan Dorra)を3、4人でプレイ。

 ゲーム内容は船のオーナーとなってTonga Bonga島から出航し、4つの島を巡り再びTonga Bongaの港に戻ってくるレースに出場する、というもの。なるべく早く島を巡る方が有利ですが、ゲームの勝者はレースの優勝者ではなく、いずれかの船がTonga Bonga島に戻ってきた時に一番多くお金を持っているオーナーである、というところがこのゲームの面白いところです。

DSCN0446.JPG 毎ターン各人サイコロを振り、一つの船にサイコロの出目を一つずつ割り振りその合計値分進むことができる、というゲームなのですが、割り振れる船は自分の船以外の他人の船である、という点がポイントです。そこで、いい出目を割り振ってもらうために勝利条件であるお金を差し出すことになるわけですが・・・

 サイコロとお金の差し出し方のルールが実に見事で、とてもテンポ良くゲームが進む中、サイコロゲームらしい悲喜こもごもが楽しめるところが素晴らしい。お金の差し出し方とサイコロの出目の割り振り方で参加者の思惑がゲームに反映されるものの、偏った出目が出てしまうと思惑が狂うことも・・・とはいえ、そういった出目が振られると信じてお金をケチるのも勇気がいる・・・という不確定な未来に対するお手軽かつ独特なジレンマ感はこのゲームならでは。

 3人でプレイするとサイコロとお金の差し出し方の工夫が4人プレイ時ほど機能しないので、ぜひとも4人で遊んで欲しいゲームです。サイコロを振ることによって産まれる意外性の楽しみと、自分の意思を示して他人との絡みの中で産まれる結果を見る楽しさの両方がバランス良く楽しめるゲームだと思います。そういった意味で幅広い層が楽しめるゲームだと思いますので、一度ぜひお試しを。プレイ時間も短くテンポも良く、皆で楽しく適度に盛り上がる時間を過ごせること請け合いです。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ